下取りがどうしてダメなのかの理由

MENU

車を売る時に下取りがダメな理由

普段移動手段として乗っている自動車が古くなってしまい新車に買い換えようと思い立った時それまで愛用していた自動車はどうされますか?新車を購入するディーラーに下取りを出すこともできますがインターネットで調べてみるとあまり下取りを推奨しているところは少なく思えます。

 

これはなぜかというと下取りにも中古車の売却と新車の購入が手間なく一括で行えるといったメリットが存在していますがなにより買い取りとの売却金額に差がついてしまうことが挙げられます。
中古車買取店といった業者へ売却するにあたり査定で見られるポイントは様々ありますがこれがディーラーの場合ですと反映されない部分、例えば自動車の装備品などがあるためその分査定額の減少に繋がってくるというデメリットがあるためです。

 

またディーラーは販売網が中古車買取店と比較した場合狭いということもあるためにその分高額で買い取ってくれる相手を見つけることが難しくなってしまい結果的に下取りの金額が低くなってしまいがちということもあるようです。
なによりディーラーは中古車を買い取る専門の業者ではないということを考慮すべきでしょう。

 

そして中古車買取店の場合ではインターネットから一括査定のサイトを利用することによって一番高い金額を提示してくれる業者へ売却することやその情報を利用して査定額の交渉にも使用できるためより高額での売却が望めます。

 

ですので現在手持ちの自動車をなるべく高い金額で売却したいと考えるのであればディーラーでの下取りではなく中古車買取店といった専門の業者へ売却するのがベストといえます。