交渉を上手に進める対処方法について

MENU

交渉がうまく行かない時に知っておくべき対処方法とは?

自分が希望する金額まで引き上げようと交渉を行っていてもなかなか上手くいかないこともあります。
もちろん無謀な金額を希望している場合は無理であることがほとんどですが、ある程度であれば業者側が譲ってくれることもあるようですので上手く交渉を行ってみましょう

 

例えば、自分の売却希望金額が100万円であるのに査定が80万円しか付かなかった場合を考えます。
この場合20万円をアップさせる交渉を行うわけですが、まず自分の希望金額が無謀で無いかが大切です。
そのためにも相場を事前に調べておくことが必要です。

 

相場と比べて無謀でない金額だということが出来れば交渉次第で金額をアップさせることは出来ると思います。
この場合は100万円でなければ売るつもりが無い、とはっきりと言いましょう。
業者としてもせっかく査定まで来たわけですから手ぶらで帰りたくないはずです。
こちらの希望を伝えたうえで、それでも難色を示すようなら交渉は不成立として他の業者との交渉を考えるようにいたしましょう。

 

また、他の業者と比べて妥当な査定額を提示されている場合はあと数万円上乗せしてもらいたいと思うものです。
この場合はあと3万円上乗せしてくれたら即決します、と伝えてみましょう。
但し、焦ってしまっては逆効果です。
これでも駄目な場合はすっぱり諦めてください。

 

 

ズバット車買取比較がおススメ

 

次に金額ではなく、車の引渡し時期の希望が通らない場合の対処法です。
事情があってすぐに車の引渡しが行えない場合は台車の有無を確認してみましょう。
台車も無く、引渡しに2週間以上かかってしまう場合は買い取り価格が下がってしまうことも覚悟いたしましょう。


関連ページ

業者の本音を知る事で高く売る
買取業者のどこで売買したいという本音を知る事で交渉を優位に進めて高く売る事が出来るでしょう。そのための方法を掲載しています。
交渉を有利に進めるために
交渉を有利に進める条件として査定を受ける業者数を増やす事が大事です。その増やす件数をお知らせしています。それが有利な条件になるのはどうしてでしょうか?
必要な駆け引きとは何か知っておこう
高額査定を実現するために業者との必要な駆け引きを知っておきましょう。