必要な書類を揃えておきましょう

MENU

車売るのに必要な書類

普段活用している自動車は年数が経過してしまえば不要となってしまうこともあるかと思います。
こういった場合これ以上使用に耐えなければ廃車になりますが余程のことがない限り売却という形になるのではないでしょうか。

 

売却にあたりディーラーや中古車買取店といった業者かもしくは親類や知人といった個人に売却するかで売却に必要な手続きや書類が違ってきます。

 

業者に売却するにあたり必要な書類は自動車検査証、印鑑登録証明書、自賠責保険証明書、自動車納税証明書、実印、預託済みリサイクル券、そして売却金額を振り込んでもらうための口座のメモといったものが売却する側として用意するべき書類になりますが実際は譲渡証明書と委任状も必要になってきます。
しかしこの2つは業者側が用意してくれることが一般的なために特に考える必要はないでしょう。

 

ここで注意しなければならないのは自動車検査証と印鑑登録証明書に記載されている住所となります。
引っ越しなどによってこの2つに記載されている住所と現住所が違う場合では別途住民票も必要になってきますが住所の変更が複数回行われている場合には戸籍の附票もしくは住民票の除票が必要となってきます。

 

結婚などによって姓が変わった場合ですと戸籍謄本が必要になるためこういったケースに該当している場合は忘れずに用意しておきましょう。
売却する自動車が軽自動車の場合ですと印鑑登録証明書がいらず自動車納税証明書の代わりに軽自動車納税証明書となります。

 

個人間の売却の場合では委任状は要りませんが譲渡証明書を自分で用意しなければいけません。
この譲渡証明書は陸運局やインターネットで入手することができますが手間を考えるのであればインターネットから手に入れるのがよいでしょう。