車売却時に戻ってくる金額は?

MENU

車を売った後に戻ってくる金額は?

自動車を売却するにあたり査定や書類などにおいて様々な知識が必要となってきます。
例えば査定では車検の更新やメンテナンス状態に左右されるためあらかじめこういった部分に工夫を加えておけば査定にプラスとなることがあるため売却に関わる知識を持っているのとそうでない場合では結果として売却金額に差が出てくることもあります。

 

同様に自動車の売却後関わってくるものとして返還されるお金についてのことがあるのをご存知でしょうか。
まず自動車もそうですがバイクのオーナーでも加入が義務付けられている自賠責保険があります。
原付の場合ですと更新の期間は任意となっていますが自動車の場合ですと車検の期間にも関わってくるため自動車を売却した際に自賠責保険の期間が残ってしまうことがありますがその分を解約ということで返戻金が貰えるようになっています。

 

次に自動車リサイクル料金がありますがこの金額は最終的にその自動車を廃棄するべき人が支払わねばならないシステムとなっているために自動車をこれから売却する人が支払わねばならないお金ではありません。
ではそれまでに払った自動車リサイクル料金はなんなのかというとこれはあくまで廃棄のためにあらかじめ払っておいた預託金となっているため売却時にはこの自動車リサイクル料金が返還されることになります。

 

その他にも自動車税や重量税なども残りの期間に応じて返還されることがありますが自動車の売却金額に含まれていることが一般的となっているようでこれは自動車リサイクル料金にも言えることですので売却金額の内訳がどうなっているのか気になる方は業者に尋ねてみるとよいでしょう。