査定士が見るポイントはどこなのか?

MENU

車を売る時に査定士が見るポイント

自動車を売却するにあたり中古車買取店を利用することが一般的となってきています。
これはなぜかというと複数の業者に査定を依頼することで一番高い売却金額を選ぶことができるというメリットがあるからではないでしょうか。

 

しかしいくら一番高い金額で売却できるといっても売るべき自動車そのものが酷い状態であれば査定でマイナスの評価をつけられてしまい売却金額が下がってしまうことになります。
ではどういったポイントをクリアしていくことで査定にプラスとなっていくのか見ていきましょう。
まず見た目、外装がありますが例えばキズやへこみ、塗装の剥がれという点はかなり大きなポイントであると言われています。

 

だからといって事前に修理に出してしまっては修理にかかった金額次第では損になってしまうために大きなキズやへこみは綺麗に拭き取る程度でそのまま査定に出してしまったほうがよいでしょう。
小さなものならば自分で直せる範囲で直す分にはあまり手間や修理代もかからないためにやっておいたほうがいいと思います。

 

次に内装がありますが例えばあなたがこの中古車の購入者であるとした場合にタバコなどの臭いがきつければ購買意欲がなくなってしまうのではないでしょうか。
臭いもそうですがシートについたシミや埃まみれの状態では当然ながら査定にマイナスとなってしまうため査定に出す前にしっかり掃除しておきコロンなどは取り外してなるべく臭いもニュートラルな状態にしておくことが好ましいでしょう。

 

その他にも走行距離やメンテナンス状態、年式、色などなど見られる部分は多いですが前述した点はある程度自分でも改善できる点ですので査定に出すにあたり気をつけておきたい部分であるといえます。